I’m the Happiest
《I'm the Happiest》

_DSC2314_retouch
《I’m the Happiest Ⅰ》

_DSC2322
《I’m the Happiest Ⅱ》

_DSC2323

_DSC5055
《I’m the Happiest Ⅲ》

DSC_4787
《I’m the Happiest Ⅳ》

DSC_4785
《I’m the Happiest Ⅴ》

DSC_4795
《I’m the Happiest Ⅵ》

Photo by Kosuke Natatsuka

2013-2014
Tokyo
Acrylic yarn
Installation

2013-2014年
東京
アクリル毛糸
インスタレーション

 

I am mother.
However, I have not dismissed my preparedness to live as an artist.
There are various aversion feeling becoming a mother.
It seems that you are already doing work halfway.
It seems to have ended as an artist.
I would like to say to those who strongly appeal feminism, abandoning social incentives given as women.
Compared to the past, Japanese society began to respect women. However, some people still complain of feminism. Right now I think that it is a stage where we do our best on the stage prepared by society.
On the other hand, some men still do not come up with women who have family, and I also feel strong aversion to them.
And also to those who behave as if they were establishing a social position simply by being mothers.
I am in a very blessed environment.
So I should be able to do more.
Wrapping the city with a guerrilla is very courageous. I am always nervous the night before. But it is better than a man who does not act. And the achievement feeling after setting a work is very big.
Face of I’m the Happiest is myself. A powerful look and confident expression. I update myself like that and let me sink into the city. Knitting that is familiar and has an image of mother. Take it out of the house.
And I want to criticize the target of my hatred.

わたしはオカンである。
しかしわたしはアーティストとして生きる覚悟も却下してない。
オカンアートだろうがなんだろうがいい。立派なものではないか。
オカンになって感ずる嫌悪感はいろいろある。
もう制作活動は中途半端に片手間でやっているんだろう、と思われること。
もう終わったね、と思われること。
女性として自分たちに与えられている世間的優遇はさておき、未だにフェミニズムを強く訴える人に対して。
昔に比べたら日本社会は十分とは言えないにしても、そこそこ女性に対してやさしくなったのに、昔と同じことを訴えてそれを自分の強みとしている人に対して、まだそこなの、と思う。社会が用意してくれた舞台で自分が頑張る段階なのではないか。
一方でいまだに、子どもがいるからもう出てこなくていいという男性もいてそれにも強い嫌悪感を覚える。
そして母親であるというだけで世の中の地位を確立したかのようにふんぞりかえる人たちに対しても。
わたしはとても恵まれた環境にいる。
だからもっともっとやれるはずだ。
街中をゲリラで編み包むことはとても勇気がいることで前日の夜はいつもナーバスである。けれど何もしない口先の人間よりはマシである。そして仕掛けた後の達成感はなんとも言えない。
《I’m the Happiest》の顔は私自身。パワーみなぎる血相とニヤリと自信に満ちた表情。そんな自分をどんどん更新し、街へ出没させていく。家庭的、オカン的イメージのある編み物を、家の中から外へと連れ出す。
そうしてわたしの嫌悪の対象をギャフンと言わせてやりたい。