Knead Air: Knitting Machine Prototype#1
《空気を編み包む: 編機プロトタイプ#1》

2017
Lego blocks, knitting needles, motor
21.0×10.5×8.0cm
Prototype

2017年
レゴブロック、編み針、モーター
21.0×10.5×8.0cm
プロトタイプ

 

Explanation
This work is prototype of  knitting machine of Knead Air project. The two knitting needles at the tip automatically knit the space. By stirring the air, I aim to be intertwined and woven floating materials in the air.
Is not it possible to knit something invisible? What is floating in the air? And it depends on location and city? I am interested in the micro world and place.
Currently this prototype is moved for a certain period of time, experiments on whether floating materials in the air are knitted, experiments on machine durability, etc. are carried out.

解説
本作品は、《空気を編み包む》プロジェクトの編機のプロトタイプです。先端の2本の編み針が自動で空間を編む動作をします。空気が攪拌されることによって、空気中の浮遊物が絡み合い、編まれることを目指します。
目に見えないものも編めるのでないか、空気中には何が浮遊しているのか、そしてそれは場所や都市によって異なるのか。ミクロの世界、場所性について興味があります。
現在このプロトタイプを一定期間動かし、空気中の浮遊物が編まれるのかの実験、機械の耐久性の実験等を行っています。