Knit Invasion in YKK
《ニット・インベージョン in YKK》

20160528_s_226

20160528_s_218

20160528_s_283

20160528_s_261

20160528_s_451

20160529_s_342
Photo by Toru Shiozaki

2016
YKK Head Office, Tokyo
Acrylic yarn
Total length 62.32M
Installation

2016年
YKK本社ビル, 東京
アクリル毛糸
全長    62.32メートル
インスタレーション

 

Explanation
When remembering YKK, the fastener comes to mind. The facade of the office building has been wrapped by knitting the image of a fastener. Closed fastener is open at the top of the two entrances of the building.
I was focused on the part of opening of the fastener. “Open” is that the new world is open to the other side. Entrance of the office building is a place to connect the internal and external. And in the internal, variety projects and ideas will be to be born through the many flavors exchange every day. An image at such entrance links with “open” of the fastener.

解説
YKKといえばファスナーが真っ先に思い浮かぶ。東京千代田区の本社ビルのファサードを、ファスナーをイメージして編み包んだ。閉じているファスナーが社屋のエントランス2箇所の上部では開いている。
わたしはこのファスナーの開くという部分に注目した。開くというのは、その向こう側に新しい世界が開けるということ。社屋のエントランスは社内と社外をつなぐ場所であり、その内部では日々、さまざまな交流を介して多彩なプロジェクトやアイデアが生まれていることだろう。そんなエントランスのイメージが、ファスナーの「開」とリンクした。