Traveling Knitting Machine 旅するニットマシン

Traveling Knitting Machine is a machine by which knitting is manufactured, while rolling the carry case. I travel with rolling the case. And wrap the people who I met by knitting. The length of knitting is proportional to the distance which rolled the case and moved. I want the knitted person to imagine freely the way which knitting has followed. It is the project which invites people to the trip of an imagination and connects land and a person, a person and a person.
The mechanical body was made with crowdfunding. This project, as well as machine only, is also a comprehensive experience and encounter through the machine. So, taking this way to involve people from the production stage.

Movie
Crowdfunding site

Body of Traveling Knitting Machine
2014
Knitting machine, vinyl, yarn, plastic, metal, etc.
57×31×24 cm (minimum) 80×31×24 cm (maximum)

《旅するニットマシン》はケースを転がすと編み物が製造されるマシン。わたしはそのケースを転がしながら旅をし、出会った人を編み包む。編み物の長さはケースを転がして移動した距離に比例する。編み包まれた人には、編み物が辿ってきた道を自由に想像してほしい。そのように人々をイマジネーションの旅へ誘い、人と土地、人と人とを結んでいくプロジェクト。
マシン本体はクラウドファンディングによる制作。このプロジェクトはマシンと、マシンを介しての体験や出会いを包括してひとつの活動であるので、制作段階から人を巻き込むこの方法をとった。

動画
クラウドファンディングサイト

《旅するニットマシン: 本体》
2014年
編み機、ビニール、毛糸、プラスチック、金属ほか
57×31×24 cm (持ち手収納時) 80×31×24 cm (持ち手最伸時)