UNIVERSE ⇄ UNIVERSE

The globe ManGlobe woven with wool is a robot with five eyes on the land. He who makes eye contact with the viewer is my partner who warmly connects the world from a single thread and is a symbol of my ambitions.
UNIVERSE UNIVERSE is the space of the microcosm with ManGlobe as the axis.
When viewers see the ManGlobe from the alien’s point of view, there is the fact that human beings live in a single star called Earth. There is no concept of a border or a race there.
The eyes of ManGlobe are also directed to the universe. All human beings have inquiry and longing for unknown outside. It is interesting that the space research is carried out by each country, prestige. A lot of objects from the earth are floating in outer space, but the characteristics of the country are oozing out in the design, and the national flag is written in any of them. An alien may perceive that a nation exists on the earth by floating bodies from the earth.

毛糸で編まれた地球儀《ManGlobe》は陸地に五つの目をもつロボットである。鑑賞者とアイコンタクトをする彼は、一本の糸から世界を温かく繋げるべく活動する作家のパートナーであり、作家の野望のシンボルだ。
《UNIVERSE ⇄ UNIVERSE》は《ManGlobe》を軸とした小宇宙の空間。
鑑賞者が宇宙人の視点から《ManGlobe》を眺めてみれば、人類は地球という一個の星に住んでいる、という事実がある。そこには国境や人種という概念はない。
《ManGlobe》の目はまた、宇宙に向けられている。人類は皆、未知なる外への探究心や憧憬を抱いている。その宇宙研究が各国家、威信を懸けて行われていることは興味深いことである。宇宙空間には地球からの物体が多数浮遊しているが、そのデザインには国の特徴がにじみ出ているし、そのどれもに国旗が記されている。宇宙人はもしかしたら、それら地球からの浮遊体によって、地球上に国家というものが存在するということを知るのかもしれない。