Enku 円空

Influence from Enku
・Speed feeling by chisel running
・Prolific
・Trip
・Thought that all things have the Buddha nature
・Smile

円空からのインスピレーション
・作品に見る、ノミの走りによるスピード感
・そのスピードによる多作
・旅
・木に仏を彫るのではなく、木の中から仏を見つけるかのように彫る(山川草木悉皆成仏
という思想)
・微笑み

My Position in Art History 美術史にみる自分の位置

The Trend of the Art or Related Art or Artists I Am Influenced
・Performance Art
・Relational Art
・Medium Specificity
・Decoration
・Installation
・Socially Engaged Art
・Earth Work
・Site-Specific

・Shinro Ohtake
・Christo
・Tatsu Nishino

The History of Knitting and Threading in Japanese Art History 日本美術史における編み物、糸の歴史

Knitting was already made in the Jomon period. The oldest knitting of the Jomon period which is now found is the wooden knitting basket commonly known as Jomon Pochette, which was discovered at the Sannai-Maruyama site in Aomori Prefecture. Made from 4000 BC to 3000 BC. Height 13cm Bottom surface 7cm. Some of the walnut shells were left inside.
In the Nara period, there is a venerable article Blue Silk Cord used on 9 April 752 at the opening of the Great Buddha of Nara. Tying the thread ends to the long brush used when put in eyes to the Great Buddha, and gave people who gathered the other end of the thread to a merit of opening the eyes. A thin thread was used for watching the big Holy event, celebrating, and praying. A concept like a red thread existed in this era that connects the great Buddha and the people.

縄文時代にはすでに編み物が成されていた。現在、発見されている最も古い縄文時代の編み物は、青森県三内丸遺跡で発見された《木製編籠》通称、縄文ポシェット。紀元前4000年から紀元前3000年のもので高さ13cm底面7cm。中にはくるみの殻が残されていた。
奈良時代752年4月9日、奈良の大仏開眼会に際して使用された由緒ある品《縹縷》(はなだのる)。縷は糸を意味する。素材は絹で、藍染による縹色。大仏に瞳を点じた際に用いた長大な筆に縷を結び、縷のもう片端を参集した人々に持たせて、開眼の功徳にあずかった(日本史より)。一大神聖行事を皆で見守り、祝い、祈るということに細い糸が使われた。大仏と民衆ひとりひとりを繋ぐ、まるで赤い糸のような概念がこの時代に存在した。