Knit Invaders in Nagasaki
《ニット・インベーダー in 長崎》

Knit Invaders in Nagasaki: Invasion Map
2017
Yarn on print
12.5×27.8cm
《ニット・インベーダー in 長崎: インベージョンマップ》
2017
プリントに毛糸
12.5×27.8cm

 

 

《ニット・インベーダー in 長崎》のその後
本プロジェクトを巡っては現場とインターネット上で大論争が起こり、地域住民主体のプロジェクトへと展開していきました。
見慣れた風景が変化したことで地域住民に気づきが起こった、ある意味ニット・インベーダーの趣旨が感じられた興味深いプロジェクトとなりました。

展開1 ~お引越し~
寺町の風景が日々徐々にインベージョンによって変化していく中、地域住民、近隣住民、観光客から様々な意見感想が挙がってきました。下記はその一部です。

「参道の顕在化というストーリーはおもしろい」
「寺町の歴史的な景観を損ねている」
「眼鏡橋きれいだね、ライトアップされるとよりきれい、長崎にもこういうことに気づく人がいるんだね」
「これをきっかけに今まで通り過ぎていた浄安寺にも入ってみたら、とても風情のあるお寺だった。いい機会になった」
「美術・音楽振興などは平和のためにも大事なこと。だが、解説がいるほど難解なものはいかがなものか」
「本件により外国人観光客が増えた」
「くんち期間のプロジェクトはもってのほか」
「18日に家族で町を歩いていて、力石さんとお話をした。自分の子どもがとても喜んでいた。最近では、ニットの町を見るためにまちによく遊びに行っていて楽しんでいるみたい。特に長照寺はとてもきれい」
「くんちはそれ自体が一種のアートであるのに、そのステージに演目と関係のない大道具小道具が配置されているような感覚」
「くんちでの一世一代の晴れ姿が台無しになる」

これら賛否両論の意見により、地域住民の中で今後の展開について様々なアイデアが提案され、くんちの期間中だけでも眼鏡橋を神聖な状態に戻すことに決定しました。眼鏡橋にあったニットたちは、くんちがよく眺められるよう、地域住民の手によって眼鏡橋付近の建物の高いところにお引越し。

展開2 ~みんなのこころの眼鏡橋~
元に戻った眼鏡橋。「やっぱり眼鏡橋はこうあるべきだ、という深い情念のようなものが地域住民の中に喚起されたように感じる。とりわけ『くんち』期間中だけは避けてほしい、という声がそのいい事例で、ある種その時期は眼鏡橋がほんとうに『聖なる』もの、空間、物体に転じるかのような認識が心の深いところから出てきているようだ」と、ある地域住民は語りました。
そこで住民同士の議論の末、眼鏡橋に再度ニットを戻すのではなく、眼鏡橋を包んでいたニットを一度ほどき、そのニットを使って個人個人が想い想いの眼鏡橋を再構築するという展開となりました。眼鏡橋付近のまちぶら広場にて、柵を使って表現したり、持って帰れるようなものを作って家に飾る参加者もいました。
眼鏡橋を包んでいたニットが個人個人に、地域に、散らばっていきました。

2nd-40th,44th,45th Photo by Toshihiro Nakachi

Sep.18th, 2017 – Oct.28th, 2017
Teramachi, Nagasaki
Acrylic yarn, cotton yarn, polyester yarn
Installation and performance in “Nagasaki Art Project 2017”

2017年9月18日〜10月28日
寺町, 長崎
アクリル糸、綿糸、ポリエステル糸
「長崎アートプロジェクト2017」にてインスタレーション、パフォーマンス

 

Knit Invaders in Nagasaki Concept
During the period that Christianity was banned in Japan, each Buddhist sect was forced to build temples by the Tokugawa Shogunate to help discover hidden Christians. The area called Tera-machi (Temple town), where many temples exist was placed under the watch of the Nagasaki Magistrate’s Office. Gradually, each temple built bridges over the Nakashima River and the road from the bridges to the temples became the visiting path for the temples.
In 2017, the “addi UFO” will arrive at the Nagasaki Museum of History and Culture, where the Nagasaki Magistrate’s Office was located in the past, to invade the area around the temples, their bridges, and the visiting paths with knit decorations. At first it may seem like the second coming of the period Christianity was banned in, but the purpose of the project is not to pay attention to individual areas such as Nakashima River and side roads like Alcoa St., which have been gathering attention recently, but to reaffirm the relations between the river, temples, and the surrounding area.
The yarn will be separated into 5 colors, one for the area between each temple and its bridge. The various colors representing the Buddha’s mindset and wisdom in Buddhism are adapted into this project.

Orange — Color of the Buddha’s robes, representing “endurance”

Red — Color of the Buddha’s blood, representing “diligence”

White — Color of the Buddha’s teeth, representing “purity”

Blue — Color of the Buddha’s hair, representing “stillness of the mind”

Pink — Represents the lotus flower, the symbol of Buddha’s wisdom and mercy

《ニット・インベーダー  in 長崎》コンセプト
キリスト教禁教の時代、江戸幕府は寺請制度により、キリシタン統制のために各宗派に寺を作らせました。寺町と呼ばれるこの寺の集まるエリアは長崎奉行所により監視されることになりました。やがて各寺の門橋が中島川に架けられ、橋から寺までの通りが参道となりました。

2017年、長崎奉行所跡地である歴史文化博物館に《addi UFO》が降り立ち、寺町の各寺と門橋そして参道をニットが侵略します。それはまるで禁教時代の再来のようですが、中島川やアルコア中通りといった横の通りが個別に注目される現代において、川と寺とその周辺の関係性を改めて提示するプロジェクトです。
毛糸の色は各寺〜門橋ごとに5つに異なる色です。仏教には如来の精神や智慧をあらわすシンボルカラーがあり、それを応用しています。
オレンジ・・・仏陀の袈裟の色で「忍辱」をあらわす
赤・・・・・・仏陀の血液の色で「精進」をあらわす
白・・・・・・仏陀の歯の色で「清浄」をあらわす
青・・・・・・仏陀の髪の色で「定根」をあらわす
ピンク・・・・仏の智慧や慈悲の象徴である「蓮の花」をあらわす